Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//永住権を取るには

永住権(永住許可申請)

永住権を取るには

 

永住権は、日本に中長期在留資格をもって10年以上滞在している外国人の方が申請することができます。

就労系の在留資格の場合は、そのうち5年以上就労資格で日本に滞在している必要があります。

日本人の配偶者の場合は3年間で、そのうち1年間滞在している必要があります。

そのほか高度人材ならば3年間か、もっとポイントが高ければ1年間という特例もあります。

 

もっとも高度人材の方は少数ですので、大体の方は留学で日本に来て、卒業して就労資格で日本で働き、10年間日本にいる方か、

日本人の配偶者の方が、永住権取得申請の多い方と思われます。

 

永住権は、

「日本に長く住んでいて、生活基盤は日本にあり、自国に帰っても生活基盤がないので、このままずっと日本に滞在していたい」

「日本に税金を多く収めている、地域社会に溶け込んでいる、ボランティアをしているなど、日本に貢献している」

といった方に永住権の許可を出しますので、そのような点を理由書で詳しく書く必要があります。

 

外国人の方には、良い文章を書くのは難しいでしょうから、そのようなことは永住権が得意な行政書士に任せるのが、永住権取得の早道となります。

 

永住権のお問合せは、こちらからどうぞ

 
SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧