Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//永住権申請と犯罪

永住権(永住許可申請)

永住権申請と犯罪

 

永住許可申請をする場合、日本の法律を守り、品行方正に日本に暮らしていることが大切です。

犯罪を犯すということは、当たり前ですが日本の法律を守っていないということですので、

マイナスポイントMAXです。

 

殺人は当然もってのほか、詐欺・脅迫・暴力行為・痴漢などももちろんダメです。

 

一般人で犯しやすい犯罪は

・車のスピード違反

・車の駐車違反

ですね。

 

駐車違反は、路上駐車をせずに、必ずコインパーキングなりに入れるようにすれば

避けることができます。

 

スピード違反は、難しいですね。空いている高速道路を走っていると、どうしてもスピードを

出したくなります。

 

一般道でも、ガラガラの道はスピードが出がちです。

また、仕事や私用で急いている時も、遅刻しないように焦ってスピードを出しがちです。

 

犯罪歴はちゃんと残っていて、入管もそれをチェックしているようです。

 

永住権申請をする人に良く聞かれるのが、

「以前スピード違反をしたが、何年たてば問題なくなり、永住許可が出るのか?」

ですが、これはなんともわかりません。

 

スピード違反の程度の問題もありますし

(100キロオーバーなどは論外、20キロオーバー程度ならそんなに問題がない?)

永住許可こそ入管職員の「裁量の範囲」になりますので、はっきりとしたことは

我々行政書士もわかりません。

 

スピード違反をしたことがある人で永住許可が欲しい人は、まずは永住許可申請をしてみる

それで不許可なら、不許可理由を聞いてみて、再度チャレンジ、というほかはありません。

 

それよりも、永住権を目指すなら、

車の運転をしない

これにつきます。

 

永住権でのお問合せは、こちらからどうぞ!

 
SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧